20代から始めるエイジングケア

肌の老化は30歳前後からはじまるといわれていますから、20代にはエイジングケアは必要ないと考える方も多いかもしれません。ただこの老化がはじまる時期には個人差があり、早い場合には20代後半の段階から見られることもあります。

20代のスキンケアや生活環境が30代以降に影響

エイジングケア常識非常識20代

また、老化は若い頃の肌環境と密接に関わっている部分があり、肌に負担をかけるようなスキンケア、日常生活を送っていると30代に入ってから老化が加速してしまう恐れもあります

 

こうした点から20代後半くらいからエイジングケアをはじめた方がよいとの意見もあります。

 

ただ老化がはじまるといっても20代の段階でシワやたるみといったトラブルが表面にあらわれることは少なく、老化を実感する機会は限られています。

 

そのため「まだまだ若い」と過信して適切なケアを怠ってしまうことが多いのです。そのため20代のエイジングケアでは予防の観点を重視してケア環境を整えていくことが大事です。

 

まずは保湿ケア。肌の老化は乾燥からはじまるといわれています。角質層で水分を保っているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少をはじめるため、肌が乾燥しやすくなるのです。

 

洗顔後に肌が突っ張るようになった、以前よりも肌のカサつきが気になる…という方は保湿ケアからエイジングケアをはじめてみましょう。保湿成分をしっかり補える化粧品を選ぶのはもちろん、浸透性にも着目して選んでいきたいところです。

洗浄力の強い洗顔料やクレンジング剤にも注意

エイジングケア常識非常識20代

保湿対策に関しては日ごろのスキンケアの見直しも欠かせません。

 

20代は美容に対する意識や清潔意識が過剰になりがちでついつい肌に負担をかけてしまうようなケアを続けているケースがよく見られます。

 

たとえば洗顔で一生懸命洗いすぎた結果肌の潤いに必要な皮脂やセラミドまで洗い流してしまう、またメイクを落とす際に洗浄力が強いクレンジングを使っている

 

こうした環境を続けていると老化がはじまったときに乾燥が一気に加速してしまう恐れがあるので要注意です。他にも刺激の強いスキンケア製品が知らず知らずのうちに肌に負担をかけてしまっていることも。

 

ですから20代からはじめるエイジングケアではこれまでのケア環境を見直し、肌に負担をかけないような環境に改める配慮も重要な意味を持ってきます。

 

老化がはじまるとこれまで以上に入念なケアが必要になりそうなイメージもありますが、実際には肌への負担を考慮してあえてケアを減らすといった決断も必要になってくるのです。

 

20代の段階でこうした適切な環境づくりができるかどうかで30代以降の肌に大きな差が付いてくることもあるだけに意識しておきたいところです。

30代から始めるエイジングケア

30代はまさにエイジングケア適齢期、この時期にしっかりとケアができるかどうかで肌の環境に大きな差が出てきます。体の老化がはじまる時期なので肌にもさまざまな変化が見られることが多く、それに合わせて適切なケアを行っていくようにしましょう。

30代はお肌の曲がり角が2回来る

エイジングケア常識非常識30代

よく30歳前後は「お肌の曲がり角」といわれます。

 

若々しい状態から老化がはじまり、乾燥や肌荒れなどの悩みを抱えやすくなる時期なのでスキンケアの環境はもちろん、日常生活も含めた見直しが求められます。

 

この時期こそエイジングケアのはじめどきなのですが、じつは30代にはもう一度曲がり角が訪れます。36〜37歳くらいに肌環境が大きく変化するケースが多いのです。

 

30歳頃から少しずつ進行していた老化がこの時期に急速に加速し、40代を過ぎる頃からシワやシミ、たるみといったトラブルが表面にあらわれてくることが非常に多く見られます

 

こうして見ても30代の10年間にしっかりエイジングケアを行っていくことがどれだけ大事なのか理解できるのではないでしょうか。

 

この2つの曲がり角を意識してエイジングケアを行っていくことになります。30代前半までは保湿対策と抗酸化対策が基本な柱となるでしょう。30歳頃から保湿成分の含有量が減少していくため、外から補っていくのがまず第一、そして肌を老化させる活性酸素を防ぐ。

 

この2つは密接化に関わっており、肌の乾燥でバリア機能が低下すると紫外線などの影響を受けやすくなることで活性酸素が増加し、老化が進んでいきます。

老化と乾燥の悪循環を予防には保湿成分と抗酸化成分

エイジングケア常識非常識30代

そして老化が進めばますます乾燥が進んでいく…この悪循環を早い段階で予防しておくことが大事なのです。

 

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分をしっかり補い、ビタミンC誘導体、アスタキサンチン、コエンザイムQ10といった抗酸化成分で活性酸素を防ぐケアをとりいれましょう。もちろん、紫外線対策も若い頃以上に重要になってきます。

 

30代半ば〜後半になると肌にあらわれる老化の影響に直接アプローチしていくケアが必要になってきます。

 

どのような影響があらわれるのかには個人差があるため、ひとりひとりが自分の肌の老化状況を見極めたうえで適切な化粧品やケア方法を取り入れていく必要が出てきます。

 

シミ・くすみが気になる方は美白成分やターンオーバーを活性化させる成分が必要になりますし、たるみ、シワの場合はコラーゲンの生成を促す成分が役立ちます。

 

30代前半のエイジングケアは共通したポイントが多いのに対して30代後半になるとひとりひとりの判断が求められるようになる難しさが出てくるわけです。

 

間違いないのは30代の10年間で肌環境が大きく変化していくこと、ですから10年間ずっと同じエイジングケアを行うのではなく、肌の変化を見極めながらケア環境を調節していく工夫が求められます。

50代から始めるエイジングケア

50代にはシワやシミ、たるみといったトラブルが表面にあらわれていることが多く、それをいかに改善し、進行を防ぐかがエイジングケアのポイントとなります。その一方で体の変化や健康状態が肌に影響を及ぼすことも多くなるため、スキンケアだけでなく生活環境全般でエイジングケアを意識していく工夫も必要になってきます。

エストロゲンは肌の乾燥や血行とも大きな関わりがある

エイジングケア常識非常識50代

50代の肌環境といえば避けて通れないのが更年期の影響です。

 

女性ホルモンのエストロゲンが減少することで心身両面に影響が見られるようになる時期ですが、このエストロゲンはセラミドとコラーゲンの生成や血行を促すといった役割も担っています。

 

そのため分泌量が減少すると肌の乾燥や血行不良によるくすみ、ターンオーバーの乱れといった問題が起こりやすくなります。

 

この点を更年期対策だけでなエイジングケアからもうまくアプローチしていくことができるかが問われるわけです。

 

エストロゲンの減少に対するエイジングケアでは大豆イソフラボンをはじめとしたエストロゲンと似た働きを持つ成分を食事やサプリメントで補う更年期対策が効果を発揮するほか、セラミドやコラーゲンを上手く補い、マッサージや適度な運動で血行改善を目指すといった対策も効果的です。

 

こうしたスキンケアにとどまらないエイジングケアを日々の生活の中で取り入れていくことができるか、美容だけでなく健康で若々しい体を維持する上でも大事なポイントとなってくるでしょう。

 

スキンケアの観点では自分がどんなトラブルを抱えているのかを踏まえたうえで集中的なケアを行っていきましょう。

一番気になるトラブルに効果のある成分を優先

エイジングケア常識非常識50代

シミが気になる場合には美白化粧品、シワが気になる場合にはハリ改善効果を備えた化粧品など、自分が求める効果を備えている製品を選んでいきます。

 

ただここで注意したいのはあまり欲張らず、目的に優先順位をつけることです。

 

シワとシミの両方を何とかしたいといろいろな化粧品を使ったり、刺激の強い製品を選んでしまうと効果どころかかえって肌に負担をかけてしまう恐れもあります。

 

自分が一番気になるトラブルに効果があるか、そのうえで肌に負担をかけずに使い続けられるかを意識して選びましょう。

 

美白化粧品はとくに効果が高いと刺激も強くなる傾向があるので要注意です。そしてできるだけシンプルな内容の化粧品を選ぶのもポイントです。

 

あまり多くの種類の美容成分が配合されている化粧品はバリア機能が低下した50代の肌には刺激が強い恐れがあります。

 

必要な成分を厳選して配合し、肌に負担をかける恐れがある添加物ができるだけ使用されていないものを選ぶ。肌への負担も考慮した化粧品選びを心がけたいところです。