クレンジングの種類とメリット・デメリット

市販のクレンジング剤にはいくつかの種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。自分に合った製品を探していく際には基本的な知識を頭に入れておくと選びやすくなるでしょう。

オイルタイプは洗浄力に優れているけど肌への刺激が強い

エイジングケア常識クレンジングオイル

まずもっとも主流なのがオイルタイプです。油分をメインに配合しており、オイルがメイクに馴染むことで肌から浮き上がらせて落とすことができます。

 

そのため洗浄力が優れており、メイクをしっかりと落とすことができます。アイメイクでも落としやすいのもメリットです。

 

ただ洗浄力に優れている一方で肌への刺激が強く、乾燥肌や敏感肌、加齢の影響でバリア機能が低下している方が使うとダメージを蓄積させてしまうデメリットもあります。

 

エイジングケアでは自分の肌にこのオイルタイプが適しているかどうかを見極めることがクレンジング選びの第一歩となるでしょう。

 

オイルタイプに次いで洗浄力に優れているのがリキッドタイプです。液状でさらさらした使い心地なのでさっぱりした使い心地を重視している人に適しています。

 

またマツエクをはがすことなく使える点もメリットとして挙げられるでしょう。一方、オイルタイプほどではないにしろ肌への刺激があるため、無理なく使えるかどうかの見極めが重要になるでしょう。

 

なお、オイルフリータイプもあり、肌への刺激に関しては製品によってかなり違いが出てくるので難しいところもあります。

 

同じく製品ごとの違いが大きいのがジェルタイプです。適度な弾力と手ごたえがあるジェル上なので指で擦らずにメイクを落としやすい点と、洗い上がりに爽快感があるのがメリットとして挙げられます。

 

洗浄力に優れている一方、刺激が気になる油性タイプと、低刺激な一方、メイクを落とせる洗浄力がしっかり備わっているか確認が必要な水性タイプの2種類があります。

クリームタイプはベタつきが気になるけどしっとりした洗い上がりでエイジングケア向き

エイジングケア常識クレンジングクリームル

そのため洗浄力と低刺激のどちらを重視するかで製品ごとの評価がずいぶんと違ってくるので注意が必要です。

 

保湿力に優れているのがクリームタイプです。厚みがあるテクスチャなのでジェルタイプと同様、指で擦らずに洗っていけるメリットもあります。

 

洗い上がりがしっとりしているのでクレンジング・洗顔後のつっぱり感が気になっている方には非常に良い選択肢となるでしょう。ただ少々ベタつきが気になるののがデメリットです。洗浄力もほどほどにあるのでエイジングケアに向いているタイプともいえます。

 

なお、洗い流すタイプに加えて拭き取るタイプもありますが、肌への刺激を考えると前者の方がエイジングケアにはよいでしょう。

 

低刺激にこだわりたいならミルクタイプ。最も刺激が少ないタイプのクレンジング剤です。ただ洗浄力が弱く、ナチュラルメイクなど薄めのメイクに向いています。しっかりメイクをしたときに使うと落としきれずに肌に残ってしまうことで負担をかけてしまうこともあるので注意したいところです。

20代・30代のクレンジングの選び方・使い方

20代・30代はもっともクレンジング選びが難しい時期といってもよいかもしれません。まだ肌が若い一方、20代はメイクや生活環境の影響で肌が変化しやすく、30代は老化の影響が見られはじめる時期です。ですからずっと同じクレンジングを使っていればよいわけではなく、肌環境やスキンケア環境も踏まえながら必要に応じて切り替えていく工夫も求められます。

20代でも肌を傷めるクレンジングでダメージが蓄積

エイジングケア常識クレンジング40代50代

20代のクレンジング選びのポイントはやはりメイクをしっかり落とすことができるかどうかでしょう。

 

濃い目のメイクをしている場合はクレンジングでしっかり落とさないと肌に残ってしまい、就寝中に肌にダメージを与えてしまう恐れもあります

 

ですからどんなメイクをしているかでクレンジングの選び方も違ってきます。オイルタイプのクレンジングが基本ですが、メイクをしっかり落とせる洗浄力を備えているかどうか見極めたうえで選びましょう。

 

ただし忘れてはならないのはクレンジングで洗う際の肌への刺激です。若い肌といっても肌を傷めるようなクレンジングをしているとダメージが蓄積してしまいます。

 

厄介なのはそうしたケアの影響が肌に見られない場合でも肌の老化がはじまる20代後半〜30代になってから影響が出てくることです。

 

少なくとも洗い終わった後に肌がピリピリする、つっぱり感が気になるような洗浄力が強すぎるクレンジングは避けましょう。濃い目のアイメイクを行っている方はあらかじめリムーバーで落としてからクレンジングを使うなどの工夫も必要です。

 

30代になると肌の老化を踏まえたうえでのクレンジング選びが求められるようになります。これまでオイルタイプを使っていた方はクリームタイプやジェルタイプといったより低刺激な製品への切り替えも検討しましょう。

20代では洗浄力、30代では低刺激さを重視

エイジングケア常識クレンジング20代30代

クリームタイプは保湿力を備えているので乾燥が気になる方にオススメです。ジェルタイプは適度な弾力があるため、肌を強く擦らずに洗っていきやすい点がメリットです。

 

このタイプはに洗浄力に優れた油性と低刺激な水性の2種類があるので肌との相性も踏まえた上で選んでいくとよいでしょう。

 

バリア機能の低下で刺激に敏感になってしまった場合にはミルクタイプも選択肢として浮上しますが、これらのタイプは刺激が少ない分洗浄力にやや不安が残ります。

 

現在の自分のメイクをしっかり落とすことができるかをよく見極めたうえで適しているかどうかの判断が欠かせないでしょう。

 

このように20代は洗浄力を重視して肌に過剰な負担をかけない範囲内で選ぶ、30代になったら低刺激をまず重視したうえで選んでいく。

 

ちょっとした意識の変化が求められます。とくに30代になったら「まだまだ若い」と過信せず、肌をいたわるクレンジング環境へと切り替えていくようにしましょう。

40代・50代のクレンジングの選び方・使い方

30代からはじまった肌の老化は40代・50代になると急速に加速していきます。シワやシミ、たるみといったトラブルが表面にあらわれてくる年代でもあり、クレンジングの選び方・使い方ともにスキンケア、メイク環境とも組み合わせたうえで意識していく必要が出てきます。

低刺激なクレンジングで落とせるメイクを心がける

エイジングケア常識クレンジング40代50代

加齢の影響でバリア機能が低下し刺激に敏感な状態になりますから、クレンジング選びでも低刺激が重要なポイントとなってきます。

 

しかしその一方でシワやシミなどのトラブルを隠そうとついついメイクが濃い目になってしまうのもこの年代の特徴です。

 

ですから低刺激ばかりを意識してクレンジングを選んでしまうとメイクを落としきれずにかえって肌に負担をかけてしまう恐れが出てきます。低刺激だけでなく、自分のメイクを落とすことができるかどうかにも着目したうえで選ぶようにしましょう。

 

逆の考え方も必要です。メイクを落とせるクレンジングではなく、クレンジングで落とせる範囲内でメイクを行っていく意識も持ちましょう

 

まず自分の現在の肌で無理なく使っていけるクレンジングを選び、それで落とせる範囲内でメイクをする。メイクへの意識改革も一緒に行っていくようにしましょう。

 

ファンデーションの厚塗りは避けつつ、シワやシミのトラブルは化粧下地やフェイスパウダーなどをうまく活用してカバーしていくなどの工夫をしたいところです。

 

この洗浄力と肌への刺激のバランスに関してはどの種類のクレンジングを選ぶかと関わってきます。

 

主流のオイルタイプのクレンジング剤は40代・50代には刺激が強い面もあるため、クリームタイプやジェルタイプも選択肢に加えた上で選んでいくのが原則です。

ケースバイケースで違ったメイクを行えば肌への負担も軽減

エイジングケア常識クレンジング40代50代

摩擦の刺激が気になる方はジェルタイプ、乾燥が気になる方はクリームタイプがオススメです。クリームタイプはベタつきが気にならないかどうか、使い心地も意識しておきましょう。

 

とにかく低刺激を重視して選ぶ場合にはミルクタイプもオススメです。洗浄力が落ちるので薄めのメイクを心がける必要がありますが、肌に負担をかけないという点では一番です。さらに薄いメイクなら乳液で落とすこともできるので頭に入れておくとよいかもしれません。

 

こうした選び方のポイントは使い方とも深く関わってきます。ひとつのクレンジング剤にこだわるのではなく、ケースバイケースで使い分ける方法もあります。

 

たとえば外出する、人と会うときにはしっかりメイクでも落とせるクレンジング剤を使い、普段は薄いメイクを心がけつつミルクタイプを使うといったやり方です。薄いメイクの日にはダブル洗顔不要の洗顔料だけで落とすという選択肢もあるでしょう。

 

いかに肌に負担をかけず、エイジングケアの足を引っ張らずに使っていくことができるか、これが40代・50代のクレンジングの選び方・使い方においてもっとも重要な部分となるでしょう。